活動 西部宗務所 寺院一覧 アクセス リンク お問い合わせ
トップページ > 西部宗務所について
宗務所長挨拶

 平成28年度を迎え、宗務所体制も漸く1年が経ちました。この1年は所員一同無我夢中で、皆様方には御不便御迷惑をおかけした事と存じます。深くお詫び申し上げます。

 宗門も「開花活動」2年目を迎え、御降誕800年の記念事業かん募も開始され、いよいよと云う息吹きを感じます。

 今年の宗務所は、教師団参を始め各会でさまざまな企画が開催されます。特に青年会では10数年ぶりに全日青関東ブロック連絡協議会、東京修法師会年番、京浜教区教化研究会議年番等各会も忙しい年と思われます。

 管内各聖の更なる御支援御協力を何卒宜しくお願い申し上げ、御挨拶といたします。

合掌
東京都西部宗務所長 茂田井 教洵
(八王子市 最教寺住職)


西部宗務所について

 日蓮宗の宗務行政は東京の大田区池上にあります「日蓮宗宗務院」を頂点として、全国74ヶ所の「日蓮宗宗務所」で構成されております。
 「日蓮宗東京都西部宗務所」略称:「西部宗務所(さいぶしゅうむしょ)」は東京の西地域の日蓮宗の寺院、教会、結社数160、僧侶は約300人の地域を管轄しております。

◆管轄区域 寺院一覧を参照下さい
◆主要宗務 宗令、教旨、論達、告示等の伝達
管内から宗務院への書類の進達
布教伝道に関する調査、企画、実施に関すること
宗費徴収、相談室、非行申告、日蓮宗新聞支社、福祉共済、等多岐にわたる

<余談>
 なぜ「西部」を「せいぶ」ではなく「さいぶ」と発音するのか?
漢字の読みは「訓」と「音」で発音されるが、更に「音」は「呉音」「漢音」「唐(宋)音」等がある。仏教用語は呉音読みが多いので「さいぶ」と発音しており、ちなみにお寺では「食堂」を「じきどう」と発音します。

このページの上へ