このページを印刷する

仙寿院 本堂

正保元年(1644)紀伊の太守徳川頼宣の生母お萬の方の発願により、里見日遙(安房の太守里見義康の次女)を開山として創立。従って江戸期、紀伊徳川家、伊予西条松平家の江戸表における菩提寺祈願所として、十万石の格式をもって遇せられ、壮大な堂宇と、庭園は江戸名所の一つに数えられ、新日暮里(しんひぐらしのさと)とも呼ばれた。江戸期において隆盛を誇ったが明治維新の変革によって衰微し、明治18年には火災によって全山焼失し、復興したが昭和20年戦災で再び全山焼失した。さらに39年の東京オリンピックの道路工事などによって寺観は一変したが、44年には本堂、書院を再建、59年には書院、客殿を増改築し、昔日には遠く及ばずながら復興し、現在に至っている。青山七福神の一ヶ寺であり、布袋尊が祀られている。

ご宝前

七福神の一つ「布袋尊」

参道

仙寿院 (せんじゅいん)

所在地 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-24-1
TEL 03-3401-3707
FAX 03-3401-3747
URL  
MAIL  
アクセス JR「千駄ヶ谷」駅より徒歩10分