このページを印刷する

法明寺 本堂

嵯峨天皇の代の弘仁元年(810)、真言宗の旧跡で威光寺として開創された。
正和元年(1312)、日蓮聖人の弟子で中老僧の一人、日源上人が日蓮宗に改宗、威光山法明寺と寺号を改めた。また徳川3代将軍・家光公より御朱印を受け、その後も将軍家の尊崇を受け、折りごとに多くの寄進を受けた。
関東大震災で本堂が倒壊、昭和7年に再興するが昭和20年の戦災で全山焼失。昭和34年に本堂を再建、さらに昭和37年客殿庫裡を竣工した。昭和43年には鐘楼ならびに山門の復興も完了、ほぼ寺内の偉容を旧に復した。名刹の鬼子母神堂を擁する。

※雑司ヶ谷鬼子母神の「鬼」という字は実際、上の点がない「おに」という漢字です。

山門

鬼子母神堂

鐘楼

法明寺 (ほうみょうじ)

所在地 〒171-0022
東京都豊島区南池袋3-18-18
TEL 03-3971-4383
FAX 03-3971-7134
URL http://www.homyoji.or.jp/
MAIL  
アクセス JR池袋駅東口より徒歩約15分
JR目白駅より徒歩15分
都電荒川線「鬼子母神前」下車